着こなし方も色々!白ジャケットでお洒落コーデ(レディース)

黒や紺、グレーのジャケットに次いで人気なのが白ジャケット。ベーシックカラーの中でもひときわ明るいホワイトジャケットは着ているだけで気分も爽やか!

白ジャケットはマニッシュでクールな印象にもなれば、逆に優しいカジュアルなイメージにすることもできちゃいます。春物のちょっとしたアウターとして使えるので便利な白ジャケット。秋など肌寒い季節は暖かいアイテムと合わせて着まわすのも可能ですね!

スポンサーリンク

白ジャケットに似合う服も色々

白ブレザージャケット着こなしレディースコーデ白ジャケットは中に着るインナーの色や素材、合わせるボトムスによって印象をがらっと変えられる万能アイテム。

白は他の色の色の引き立て役にもなれば主役にもなれちゃうので、コーデをほんの少し変えるだけで色々なパターンができあがります。


ということで、今回は白(ホワイト)ジャケットの素敵な着こなし方を海外女性のスナップ画像から特集してまとめました。image source jacket

白ジャケットに似合うインナー「グレー」コーデ

白ジャケットとボーイフレンドジーンズ着こなしコーデ

白のジャケットの中に着るインナーの色は何がいいのか悩みますよね。

カジュアルなマニッシュコーデ好きさんなら、白ジャケットのインナーには無地のグレーTシャツがおすすめ。どちらもベーシックな色なので落ち着いた印象になります。

合わせるボトムスは、細身のボーイフレンドデニムはテーパードジーンズですっきりとさせるとお洒落。


白のツイードジャケットコーデ着こなし白のジャケットにも色々な種類があるのでデザインによって使い分けするのがお洒落のポイント。

白のノーカラーのツイードジャケットはフェミニンで上品なアイテム。グレーのインナーとスキニージーンズを合わせてもカジュアルすぎず、むしろエレガントな印象になります。

ベーシックアイテムで固めすぎて少し地味かな?と思った時は、靴やバッグをさし色にすると垢抜けた着こなしができます。



白のロングジャケット着こなしコーデこちらも深いVネックTシャツを着ていますが、白のジャケットがノーカラーの上にレースの刺繍がされているのでとってもゴージャス。

白のジャケットを選ぶときは、自分がどういうスタイルにしたいのか具体的にイメージしてから購入すると失敗しません。

カジュアルでマニッシュならかっちりタイプのブレザー。フェミニンにしたいならツイードやノーカラータイプがおすすめです。



白ジャケットと黒スキニーパンツコーデ80年代風の肩バッド入りジャケットもトレンドとして最近流行しましたね。白のブレザーも肩が少し尖がったタイプはモードでカッコイイ印象が強いアイテム。

白ジャケットのインナーにダークトーンの濃いグレーを選ぶと、モードでカッコイイお姉さん風の着こなしができます。

ボトムスもインナーと同じダークトーンのクロップドパンツ、靴はポインテッドトゥでとことん出来る女風に。

白ジャケットのインナーにボーダー

ジャケットとボーダー着こなしコーデレディース春夏は白ジャケットのインナーにボーダーシャツがおすすめです。白シャツのかっちりとした印象が、ボーダー柄のおかげで程よくカジュアルダウンします。

ボトムスにはアンクル丈のジーンズとレースアップサンダルですらりと見せるのがポイント。


白ジャケットのインナーにボーター着こなしコーデ太めで色がくっきろとしたボーダーはカジュアルでラフな着こなしにピッタリ。白のジャケットも水玉(ドット柄)を選べばさらにリラックステイストに。

ゆったりとしたリゾートファッションにも使える白ジャケット。ボトムスも白のショートパンツにすると明るいフレッシュなコーデに。

合わせるバッグも白の紺のキャンバストートバッグなどにするとさらにラフでお洒落。

白ジャケットに似合うシャツの色

白ジャケットとデニムシャツの着こなしコーデ白シャツに似合うシャツも色々ありますが、春夏のイチオシはブルーのデニムシャツ。白シャツの明るさとデニム素材のカジュアルさが程よくミックスされて抜け感のある雰囲気に。

アクセントとしてハットを被ったり、ヘアアレンジすることで野暮ったさも解消!


白ジャケットのインナーにチェックシャツコーディネートみんな大好きタータンチェックシャツも実は白ジャケットによく似合う!少し肌寒い秋や春先はチェックシャツの上に白ジャケットがおすすめです。

白ジャケットだけだと寒そうに見える日は、秋物や暖かい印象のあるアイテムと合わせるのがポイント。

白ジャケットにベージュやキャメルなど暖かいブラウン系の色を合わせると、落ちついた着こなしができるのでおすすめです。バッグやアンクルブーツをキャメルにするとお洒落。


白ジャケットとシャツ着こなしコーデ白ジャケットの中に白シャツを合わせてスーツっぽく着こなしするのもおしゃれ。でもかっちり過ぎるのはNG!シャツのボタンは数段開けてデコルテを見せるのが垢抜けファッションのコツ。

白ジャケットに似合う色の服

白ジャケット秋コーデレディース白のジャケットは他の明るい色を上手に引き立ててくれる万能アイテム。

バーガンディやボルドーなどワインレッド系のカラーパンツにも白ジャケットはよく似合うんです。

白ジャケットのインナーにケーブルニットを合わせると暖かいし、秋や春先に着てもクールな印象にならないですね。


白のインナーに青シャツの着こなしコーデ暖かい日は白ジャケットにロイヤルブルーなど深みのある青をインナーにすると素敵です。青のトップスはデニムとよく似合うのでコーディネートも簡単。

ハイヒールパンプスもトップスと同じ青にすればバランスもいいですし、バッグを白にすれば、3色以内のお洒落なファッションのできあがり。


白ジャケットとショートパンツ着こなしコーデ白ジャケットにパステルカラーを合わせるのも可愛い!たとえば春夏は白ブレザーにピンクのアイテムがよく似合う。

淡いピンクのショートパンツを合わせることで、涼しさの中にも柔らかくて暖かい女性らしさもプラス。


白ジャケットとピンクカラーパンツコーデ白ジャケットの中に着るインナーを無地の白シャツにするのもおしゃれです。トップスを白1色でまとめて極力シンプルな色使いに。

合わせるズボンをコーラルピンクなどのカラーパンツにして女の子らしく。

ピンク色が子供っぽく見えるのが苦手な人は、バッグや靴をベージュやキャメルなどにすると落ち着き感もでるし、大人の女性でも上手にコーディネートできます。


白ジャケットで靴やバッグをさし色に

白ジャケットの春夏着こなしコーデ白ジャケットとベーシックなアイテムを合わせるとお洒落ですが、ちょっと地味で物足りない感もありますね。

ベーシックコーディネートをした時に野暮ったさがあるなら、靴やバッグをさし色として使うとお洒落で垢抜けた印象になります。

白ジャケットは基本的に何色でも似合うので、好きな色のシューズ・バッグを選らんで楽しみたいところ。


白ジャケットとデニムシャツのレディースコーデベーシックなデニムシャツと白ジャケット1枚でも十分にお洒落ですが、ワインレッドのチェーンバッグをさし色にして色味をつけるのもおすすめです。

白と水色の組み合わせはとても綺麗ですし、ファッションに取り入れるのも素敵ですが、バッグや靴などでさし色を入れるとスパイスの効いたスタイルに。

白ジャケットに似合うワンピースコーデ

白ジャケットと黒ワンピース着こなしコーデ白ジャケットはフェミニンなワンピースともよく似合うので女性に人気ですね。黒のワンピースをお持ちなら、真っ白な白ジャケットをセレクト。

黒のダークトーンが引き立ち、シックでエレガントな雰囲気にしてくれます。モノトーンのままでもいいですが、優しい雰囲気にしたいならバッグや靴を淡い色合いにするとグッド。


白ジャケットと黒ワンピースコーデ赤のアンクルストラップサンダルでさし色にするとアクティブで大人可愛いテイストに。


白ジャケットとワンピース着こなしコーデ白ジャケットは何色にでも合わせやすいし、個性的な柄のワンピースを引き立ててもくれます。紫や青、緑など色々なワンピースドレスと合わせてかっこよく。

白ジャケットに合わせるスカーフ

白ジャケットとグレースカーフコーデ春夏は白ジャケットにグレーのスカーフがおすすめ。灰色のくすみ加減が綺麗な白と程よくフィットします。


白ジャケットに似合うスカーフマフラーコーデロージー・ハンティントン・ホワイトレーは白ジャケットにヒョウ柄(レオパード柄)スカーフをセレクト。アニマル柄のスカーフやマフラーでも白と合わせると派手すぎずおしゃれ。

全身白のオールホワイトコーデ

白ジャケットとオールホワイトコーディネートスーパーモデルのケイト・モスは白ジャケットにTシャツ、白のクロップドパンツで全身白のオールホワイトコーディネートで登場。

白はベーシックカラーの中でもトレンド色ですから、オールホワイトはいまこそチャレンジしたい着こなしですね。

ベルトだけブラウンにするところがまたカッコイイ。


いかがでしたか。白ジャケットは黒や紺とはまた少し違った味のあるアイテム。何色にも染まるようでいて、凛とした主役にもなる「白」は1枚は持っておきたいマストアイテムです。