【ノースリーブ】ロングベスト・ジレ着こなしコーディネート・レディース

最近のファッショントレンドと言えばノースリーブベスト・ジレ(Gilet)などのアウタージャケット。インナーとの重ね着でレイヤードコーデするのがおしゃれ。Tシャツやブラウス、カットソーなどのトップスとのバランスや、パンツ、スカート、ワンピースなどのボトムスとの合わせ方次第で色々なスタイルができちゃいます。

袖なしのベストは色々なタイプがあり、最近はジレという名前で流行中。

ジレとはつまりベストの意味で、違いはフランス語か英語由来か程度で、形・シルエットは同じと考えてよさそう。

ユニクロやGU、通販やしまむらなどプチプラでも手に入りますし、人気雑誌でもモデルさんたちが続々と着用中。海外でも日本でもブロガーさんたちが大注目中です。

スポンサーリンク

ノースリーブのロングベスト(ジレ・ジャケット)がオシャレ

ノースリーブロングベスト・ジレ着こなしコーデ

ジレはメンズスーツでよく見かけますよね。ビジネスシーンで男性がスーツジャケットの代わりにシャツの上から軽く羽織っているチョッキですね。

レディースファッション界ではロングタイプのジレが流行中。トレンチコートよりも軽く着られますし、シンプルコーデに物足りなさを感じたときにアクセントとしてプラスすることもできますね。

暑さと寒さの中間のような季節にさらっと羽織るのもよし、コートの中に重ね着するのもよし。

ノースリーブロングベストに似合うトップス・ボトムス・靴

ロングジレとデニムとスニーカー着こなしコーディネート

ここ最近は丈の長いロングのアウターが人気ですが、背の低い人や脚長ではないタイプの場合、どうしても洋服に着られちゃってる感がでることも。

スタイルをよく見せるなら背が低い場合はヒールありのパンプスやブーツを履くのもありですし、スニーカーを合わせるならインソールをいれるのがおすすめ。

海外日本どちらのモデルさんやブロガーさんも実は結構インソールでバランスをとってるなんてこともあったりします。

ボトムスはスキニーですっきり見せるのもいいですし、ガウチョパンツで格好良く決めるのもおしゃれ。

ベストのインナートップスは手の長さや全体の丈のバランスを見て、ロールアップしたり調節をするのがおすすめです。

photo:trendsonair.com

ベージュ・キャメル色のノースリーブロングベストコーデ

ノースリーブベージュロングベストジャケット、ジレ着こなしコーデ

photo:songofstyle.com

おしゃれ女子に大人気のベージュ系アイテム。ロングベストもニュートラルなベージュ系で格好良くコーディネート。中に着るインナーは白シャツで爽やかに。前のボタンは数段外して抜け感をだすと吉。

袖もぴったりさせずに折り返して垢抜けた雰囲気で着まわしちゃいましょう。

ノースリーブベスト・ジレ重ね着着こなしコーデ

photo:hliketoknow.it/

ベストの肩幅や襟部分が大きい場合はボトムスはスキニーにしたりシンプルな物にして目線は上に絞るといいですね。存在感のあるワイドベストはそれだけで主役になるタイプなので、トップスやボトムスなどほかのアイテムは極力シンプルに。

ノースリーブトレンチコート・ジレとシャツのコーディネート-min

photo:fashioncognoscente.blogspot.com/

トレンチコートタイプのベストもすっごくおしゃれなアイテムの一つ。トレンチコートだと肩幅が気になったりきっちりした形が似合わないなんて場合もありますが、ノースリーブタイプだと面積が小さいのであまり堅い印象にならずゆったりと着こなせます。

ボトムスは黒のダメージスキニーデニムですこしワイルドに。格好良さと抜け感のバランスが素敵。

ロングベストとボーダートップスの着こなしコーデ

ノースリーブブラックロングベストとボーダーカットソーきこなし

photo:tlnique.com

ボーダートップスとロングベストの相性も抜群。カジュアルで気取ってない雰囲気のボーダーだけれど、1枚だけじゃ物足りない・・そんな時はロングベストが大活躍。

いつものマンネリコーディネートにも変化が置きていいアクセントになっちゃいます。靴はベストと相性のいいローファーやオックスフォードシューズなんかもいいですね。

グレーロングベストジャケットコート・ジレ重ね着コーディネート

photo:just-another.me/

ライトブルーやグレーのロングベストもすごくおしゃれ。なかはボーダーカットソーでシンプルに。ボトムスはクロップドなどで脚長効果を狙って。全体をグレーと黒と白だけで統一して3色コーディネートにするとぐっと垢抜けた印象に。

ベストとTシャツの重ね着コーディネート

黒ノースリーブベストとグレーロゴTシャツ着こなしコーディネート

photo:sincerelyjules.com

ロゴTシャツなどカジュアルなTシャツともロングベストは実は相性がよかったり。カジュアル感ときちっと感が程よくミックスされて素敵。ミニスカートやショートパンツを合わせる場合はロングベストとの丈のバランスをよく見るのがポイント。

どちらかが長くてもいいのですが、差は10cm程度に抑えてギャップがありすぎないように注意。

ノースリーブロングベストとTシャツ重ね着コーディネート

photo:justthedesign.com

ただのシンプルな白Tシャツとスキニージーンズ。これだけでもう既におしゃれになっちゃう人もいますが、大抵は垢抜けないのが実情だったり。シンプルすぎて物足りないことってありますよね。そんな時こそロングベストをプラスして遊びを入れちゃいましょう。

白・ホワイトカラーのロングベストコーデ

白ロングノースリーブジャケットジレとTシャツ重ね着コーディネート

photo:elementsofellis.com

白のベストってけっこう難易度高そうですが、グレーや黒などベーシックな色と合わせるとすんなり着こなせそう。グレーのTシャツと黒のスキニーパンツ、上から白のロングベストを羽織って格好良くコーディネート。ネックレスや時計、ブレスレットなどアクセサリー類でアクセントを加えるのもいいですね。

白ノースリーブベスト・ジレ着こなしコーデ

photo:mlovesm.com/

白のロングベストの中に同じ白のTシャツやキャミソール、タンクトップを合わせてトップスをオールホワイトでまとめちゃうのもいい感じ。インナーと溶け込むのでベストの白さが浮いて出ちゃうこともなくなります。爽やかにしたいならボトムスは明るい色のデニムをセレクト。エッジを聞かせたいなら暗めのパンツがよさそう。

タートルネックとロングベスト重ね着コーデ

グレーノースリーブベストと黒ニット着こなしコーデ

photo:somewherelately.com

秋冬に活躍するタートルネックのニットやセーター。アウターを着るほどの気温じゃないけど1枚だとすっきりしすぎなら、ノースリーブベストを羽織って夏秋ミックスコーディネート。

グレーのベストと黒のタートルネックがモードな印象でとってもおしゃれ。全体をグレーと黒だけでまとめてシンプル&クラシックに。

グレーロングベストコーディネート・ケンダルジェンナー

photo:instyle.com

スタイル抜群のケンダル・ジェンナーはおしゃれセレブとしても有名。グレーのタートルネックにライトグレージュのロングベストを羽織ってクールな着こなしに。レザーパンツやレギンス1枚では日本人にはハードルが高いので、スキニーデニムを合わせたりするとよさそう。ショートブーツとのバランスもいいですね。バッグの長さも絶妙。

グレーロングベスト・ジレとタートルネックセーター着こなしコーデ

photo:stylekick.com

白のタートルネックにグレーのロングベストで綺麗めな着こなしに。鞄は濃いブラウンのレザーをセレクト。淡い色合いの中にバッグが引き締め効果を演出。ショルダータイプでもクラッチでも似合いそうですね。実はリュックタイプも可愛い感じに仕上がって素敵。

大人の女性向けロングベストとスカート綺麗めコーデ

ノースリーブロングベストとスカートの大人系コーディネート

photo:memorandum.com

20代後半から30代、40代などママさんや大人の女性も挑戦したいロングベスト。綺麗めで上品な雰囲気にまとめると、普段にもデートやちょっとしたお出かけにもよさそう。都会的な雰囲気にするならタイトな膝丈スカート。ふんわりさせたいならフレアタイプもいいですね。

ロングベストとシャツの重ね着コーディネート

黒ノースリーブロングベストとデニムシャツ着こなしコーデ

ファータイプのロングベストは個性的で格好いい!かなり人目を惹けるアイテムなのでごちゃごちゃさせずにまとめるのがオシャレに見えるコツ。シンプルでマニッシュなライトブルーのシャツ1枚とデニムでクールにコーディネート。

黒ノースリーブニットベスト着こなしコーデ

photo:bedazelive.com

デニムシャツは本当に着まわし力の高いアイテムですよね。色々な服と合わせやすいので1枚は持っておくとよさそう。黒の幅広いロングベストと合わせてカジュアルかつ都会的に。デニムの裾はロールアップして脚長に。つば広の帽子もおしゃれ。

黒ノースリーブベスト・ジレとカーキシャツコーディネート

photo:kayture.com

深緑やカーキ色のシャツも人気ですね。似合う色はけっこうありますが黒との相性は抜群。ロングベストで引き締めてみると素敵。バッグは同じカーキ色にしてバランスをとって。