オシャレな棚写真shelfie(シェルフィー)画像を見て自宅もDIY!

Shelfieという英語をご存知でしょうか。Shelfieとは日本語ではシェルフィーと発音され、スマホやカメラで自分を自分で撮る、いわゆる自撮り=selfie(セルフィー)をもじった言葉として派生しました。

このShelfieは英単語の「Shelf」、つまり「棚」という言葉からきており、つまりは自分で撮った自分の家の「棚の写真」という意味になります。このShelfieはアメリカを中心に2014年頃から徐々に人気になっていき、若者を中心としたオシャレに目ざとい人達が次々とソーシャルメディアに投稿。

写真投稿型SNSのInstagramではこのShelfieにハッシュタグを付けて素敵な棚写真を投稿する人がたくさんでてくるようになったのです。そのあまりの人気に海外大手メディアも注目し、今ではSelfieに迫る勢いで認知されるようになってきています。

今回はそんな注目のShelfie写真をいくつかピックアップ。これを見れば自分の部屋のインテリアやDIYのアイディアになること請け合いです。

スポンサーリンク

オシャレなShelfie写真でインテリアを学ぼう

まずはとてもオシャレなキッチン周りのシェルフィー画像から



色の使い方が凄く上手ですね。色は基本的に赤を中心としていて、柄物も多数並べているのに混沌とした雰囲気がなく、統一感のあるキュートな棚になっています。花柄の缶なんかはキャスキッドソン風で素敵です。最近はこういった缶は手軽な価格で購入できますし、無地の缶なら周りにマスキングテープを張ってデコってしまうのもありだと思います。

次はこちら。同じくキッチンにある棚周りの写真なのですが、上で紹介したのとはまた印象が随分違います。



キュート系よりもヴィンテージ感溢れるフレンチナチュラルが好きな人にはたまらない棚。オリーブオイルや調味料をそのままで使うよりもこうしたアンティークの瓶に入れ替えるだけで随分オシャレに。

カラーボックスを組み合わせたインテリア

Shelifeはなにも壁にくっついた棚だけを指しません。収納ボックスやDIYで作った棚などもたくさん投稿されています。

例えばこんな風に段ボールを切ったようなものでさえもオシャレ。



なんてことはない収納ボックスですが、中に飾る小物やアイテムをモノトーンで統一しているので、とてもオシャレ。カラーボックスなどは好きなように配置できるので、縦横交えて積み立てるといい感じになります。

持ち家であれば壁にボックスを打ちつけてしまうというアイディアも活用してもいいと思います。



さきほどと同じように、ボックスをランダムに配置していますね。どうしても固定概念があるのでボックスは並べるものと思ってしまいますが、あえて、ボックス同士を離す、縦横揃えない、大きさも揃えない。というやり方もありですね。

収納ボックスにカゴや箱を入れる

お気に入りのカゴや箱を入れてアクセントにするというアイディア。



例えばこういうピンクの収納箱を下だけ一列いれる。というのは普通すぎかもしれません。オシャレな部屋作りをしたいならこういやってピラミッド型にしてみる。というのもいいんじゃないでしょうか。

この部屋のオシャレなところは、ピンクの収納箱が壁の絵のポイントで使われているピンクと、床に敷かれたラグと同系色であるということ。ちゃんと色の選び方を考えているのがわかります。




色を交互にするパターン。ピンクと黒を交互に配置して、上段には水玉模様を配置。この水玉はベットカバーにも使われているのでバランスもいい。これはやや子供らしい部屋ですが大人向けとしてもいいと思います。

今回は話題のShelfieを中心にオシャレなインテリア画像をまとめました。棚には人柄がでる、としばしば言われるほど、棚は部屋の第一印象を決める重大な場所。ちょっと乱雑になっているな、という方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。