ハリポタ作者J.K.ローリングのパトローナス「マツテン」とはどんな動物?

ハリーポッターの物語に登場するパトローナス。ディメンターなどの敵と戦うときに「エクスペクト・パトローナム!」と呪文を唱えて召喚すると出てくるあの青白く輝く動物ですね。

ハリーの場合は牡鹿でした。ハーマイオニーはカワウソですし、ロンはジャックラッセル犬、ダンブルドア校長は不死鳥という具合に人それぞれ違う動物が召喚されます。

そこで海外のあるハリポタファンが著者JKローリングさんにこんな質問をしたのです・・・。

スポンサーリンク

あなたのパトローナスはなんですか?

今の時代っていいですね。こうやって自分の好きな作者と直接対話ができるんですから。

ハリポタファンは作者のパトローナスだって気になるのです。
だったらツイッターで聞いちゃおう!そんなわけでこの質問、「あなたのパトローナスはなんですか?」

この質問に対してローリングさんは”It’s a pine marten”と返答してくれました。

どうやらローリングさんにもちゃんと守護霊がいたようです。

・・・・でもPine Martenとはどんな動物なのでしょうか?

イタチの仲間「マツテン」

Pine Martenは日本語名をマツテンというイタチ科の仲間でカワウソなんかと同じ部類に入る小さな動物。

enhanced-buzz-7303-1410382145-33
出典:buzzfeed

ヨーロッパ全域からロシア西部に生息しており、森の中で生息するイタチ科テン属に分類されるそうです。

どうやらいたずらっ子な所があるようで車のワイパーやホースプラスチック用品を噛んでしまうことで知られているようです。

マツテンの毛皮は高級品として取り扱われ、その生息数は減少しているとも言われているそう。

イギリスでは保護対象になっているのだとか。

マツテン
出典:buzzfeed

イギリス国内では生息が減っているもののスコットランドやアイルランドにはもっとたくさんマツテンが見られるそうです。

ちなみに冒険ファンタジー小説「ライラの冒険」を読んだ事がある人はピンとくるかもしれませんが、ここで登場するライラのダイモン(守護精霊)、パンタライモンがこのマツテンに変身しますね。

ハーマイオニーは作者がモデル?

真面目で頑張りやで外見はちょっとユニークな女の子、そんなハーマイオニーは自分と重ねるところがあるという作者のJKローリングさん。

ハーマイオニーのパトローナスはカワウソ、作者のパトローナスはマツテン。

どちらも同じ部類に入る動物で、とても似ていますね。やはりローリングさんはハーマイオニーに多少なりとも自分自身を投射しているのかもしれませんね。