可愛い紙のお皿の折り方と素敵なお菓子ボックスの作り方

100均やスーパーなどどこでも売っている白い紙のお皿を想像できるでしょうか。お皿の周りがでこぼこしていて中心部は平になっているあれです。これってピクニックの時やバーベキューの時に使い捨てのお皿として使いますよね。でもこういう紙のお皿って一回使うだけの使い捨て。見た目も可愛くないしあまり表にはだしたくないもの。
・・・・と思いがちですが、実はこんな紙のお皿でもDIYで簡単に可愛い小物入れやお菓子入れができちゃうんです。

スポンサーリンク

紙のお皿を使ったクッキーボックスの作り方

百聞は一見にしかり。まずはその紙のお皿を使った素敵なクッキー入れの作り方を見てみます。




必要なのは紙のお皿とはさみ、そして仕上げに飾り用に紐。図解の通りにまず四つ方向から点線に沿って切り込みを入れます。
次にハサミで切った部分を折りたたみます。最後にその折りたたんだ部分を立てて端を内側に入れ込んだらできあがり。

ボックスの完成です。でもそれだけじゃあまりにも「紙のお皿」。仕上げに可愛いリボンや紐で周りをぐるっと囲んで縛ってしまいましょう。これで素敵なクッキー入れのできあがりです。

もうひとつ別の切り方でつくったクッキー入れもありました。それがこちら。



このタイプは上下から2本ずつハサミで切り込みをいれて、その後はFOLDと書かれた点線に沿って端を折りたたみます。
最後に紙サラの底にテープで切り込みを止めたら、箱の内側にラップや透明の袋を入れて、クッキーやお菓子を入れちゃいます。
リボンはお好きな色や柄をチョイスして自分好みのボックスを作っちゃいましょう。

お皿のギザギザを有効活用したボックス

もう一つ可愛いお菓子入れを発見。紙のお皿特有のあのギザギザの部分がレースのお皿みたいになっちゃう作り方。



まずはお皿の周囲をハサミで切ってしまいます。そうするとギザギザの部分が一番外側に来るのでフリルのようになります。
使うハサミは波線がでるタイプのものを使用するといいですね。

周りを切ったら、底にえんぴつであたりをつけてから一番最初に紹介したのと同じく今度は普通のハサミで切り込みをいれます。
最後に切り込んだ端を中にいれて折りたたんでいきます。ピンなんかで仮止めをしておくといいようです。

仕上げにマスキングテープで周りをぐるっと一瞬させれば素敵なボックスのできあがり!お手本画像ではフルーツをいれてますね。紙のお皿なので汚れてもいいし使い捨てができるので水分のあるフルーツも入れられちゃう便利さ。

紙の箱に紐を通すパターン

ここまでは完成した紙の箱の外側に紐やリボン、マスキングテープをして形を整えてましたが、紐を通して固定する方法もあるようです。



箱をだいたい作り終えたら、大体の目安で四隅に紐を通せるくらいの穴をあけます。穴を開けたら、箱を一度ピンやクリップなどで仮止めをしておいて、そのまま好きな紐やリボンを穴に通します。




ピンやクリップは上の画像のように止めておくとよさそうです。

最後にこの紐をぎゅっとひっぱって箱を固定したら両端を結んでできあがり。ちょっとした贈り物にも使えるし、家にあるお菓子やクッキーを入れておくのもよさそうですね。

そのままの紙のお皿が可愛いプレートに変身

最後はちょっと違うタイプの可愛いお皿のDIYをご紹介。箱にしなくても紙のお皿の状態で素敵に見えちゃう方法です。



作り方はとっても簡単。普通の紙のお皿の周囲をパンチで穴を開けちゃいます。最後は好きなリボンを通してリボン結びをして出来上がり。すごく簡単なのに可愛い紙のお皿ができちゃいました。ピクニックやパーティーでたくさんの人がくるときに、使い捨てのままじゃ味気ない。そんな時に使えそうなアイディアですね。

今回はとても簡単で安くすむ紙のお皿の作り方DIYでした。次回をお楽しみに。