人気のガウンワンピースの着こなしコーデ!(ロングカーディガン)

GUやユニクロ、しまむらなどのプチプラなファストファッションから、ブランドショップまで、よく目にするのがガウンワンピース。ロング丈のカーディガンやローブジャケットのような形をしています。1枚でワンピースのように着てもいいし、アウターみたいにするのもオシャレ。人気の花柄やカラーも色々。合わせる靴やインナー、トップスやボトムスなどアイテムを変えれば着まわしもできますね!

海外では似ているシルエットとしてKimonoと呼ばれるタイプもあり。

リボンを横で結ぶスタイルや、前開きにしたり、着方もさまざま!レースやシフォン、コットン地など素材で雰囲気を変えるのもいいですね。

スポンサーリンク

ガウンワンピースの着こなし方

photo:the-northernlight.com

春夏はガウンワンピースを1枚で着てもいいし、秋冬はアウターとしてさらっとジャケット代わりに羽織るのもおすすめ。丈が長いスーパーロングタイプは、どちらかというと背丈の高い人向け。もしくはパーソナルデザイン的に下に重心を置くほど格好良くなる人にもおすすめです。

背が低い人がロング丈のカーディガンやガウンを着る場合は、底の高い靴をセレクトしたり、ボトムスをハイウエストタイプにしたりすると、スタイルが良く見えるし、脚長効果もあります。

今回は海外ストリートスナップや人気ブロガーさんたちの素敵な着こなしをまとめました。

白・ホワイト系のウンワンピース・ローブのコーデ

photo:elle.es/moda/news

トップス上部にボタンがついたタイプのものは、そのまま上だけボタンを留めてインナーをちら見せ。白のガウンワンピースは春夏など暖かい季節にぴったり。合わせるトップスもボトムスもシンプルなものにするとイマドキっぽい。黒のカットソーにボトムスはゆるっとしたクロップドデニムでエフォートレスに。かかとくらいまである場合はヒールを履いて、裾を引きずらないように要注意!だらしない印象はNGでよね。

photo:whowhatwear.com/how-to-wear-distressed-ripped-jeans

レースのガウンワンピースやロングカーディガンは凄くフェミニンで甘い印象のあるアイテム。合わせるトップスやボトムスを可愛いものにしてももちろんいいですが、大人っぽい流行を追うなら、シンプルなTシャツとダメージジーンズでメンズライクなミックスコーディネートに。

プリント・花柄ガウンワンピースのコーデ

photo:fustany.com/en/fashion/style-ideas

ここ最近のシンプルなアイテムとは別に、けっこう派手な色使いや柄物のアイテムも人気がでています。ガウンワンピースも綺麗な色の個性的なタイプが多数登場!たとえば深緑やロイヤルグリーンなど色の個性が強いアウターもおしゃれ。合わせる中の服は逆にシンプルな白のTシャツとスキニージーンズのみ。靴もビーチサンダルのような面積の少ない軽めのものをセレクト。

photo:famousfootwear.com

赤(レッドカラー)のガウンワンピースやロングカーディガンも可愛い!赤って以外と合わせやすいんですよね。似合う色もけっこうありますし、もちろんブルーのデニムとも相性がいい。半袖や7部丈のガウンワンピースはインナーをあえて外に出すスタイルにすると更にオシャレ。靴はキャンバス地の白のコンバーススニーカーでカジュアルな着こなしに。

photo:grasiemercedes.com

ハイウエストのデニムもまだまだ流行中!70年代っぽいファッションってオシャレですよね。クロップドデニムに合わせる靴はミュールサンダルでかっこうよく。羽織りものは赤の柄がアクセントになるローブジャケットやガウンワンピースで個性的に。

ガウンワンピースの中にワンピースやスカートを着る

photo:blogg.damernasvarld.se

ロングカーディガンやガウンワンピース、ローブジャケットなどは丈の問題で中とのバランスをとることを意識。アウターがふくらはぎよりも下まできてる場合、同じ長さでそろえるより、中に着るワンピースやスカートはそれより短めがおすすめ。もし長さを揃えるなら、そこしインナーを長めにするとかっこういい。ブーツやスニーカー、サンダルはヒールありのほうがスタイルがよく見えるかも。

photo:couturezilla.com

一見浴衣のような、薄いシフォンのような生地のアウター。ガウンワンピースの中でも特に夏に着てみたいアイテム。白ベースなら合わせる靴は同じ白のアディダススニーカーでカジュアルコーディネート。ワンピースやスカートも白にすれば涼しげな着こなしに。真っ白ではない柄物なら、それだけで存在感も抜群。

大人女子の格好いいシャツワンピ・ガウンワンピコーデ

photo:polienne.com

深みのある緑や赤、オレンジなどのシャツワンピースやガウンワンピースは秋冬に特に馴染む色。でも春夏にも着たいですよね。濃い色のアイテムには同じ濃い色を。でも季節感が欲しいなら、デコルテを見せてみたり、足元をサンダルやミュールやローファーにして、素肌を見せると重たくならずにすみそう。

photo:http://fustany.com

黒のガウンワンピースは大人格好良いアイテム!真夏はちょっと敬遠しちゃいますが、春先から秋冬なら着まわしできますね。インナーはトップスは白Tシャツ、ボトムスはボーイフレンドデニムでマニッシュに。シルバーシューズがまたおしゃれ。

ガウンワンピースの前をリボンでウエストマーク

photo:www.girlyard.com

ガウンワンピースやローブタイプのアウターは前をリボンで結ぶのもオシャレ。付属のリボンをハイウエストの位置でウエストマークすれば目線が上になるので、脚長効果もあるし、スタイルもよく見えますね。ボトムスはワイドデニムパンツでこれまた足が長く見えるタイプ。

photo:fashionista.com

ウエストマークするリボンの位置を左右どちらかのサイドに寄せて縛るのもおすすすめ。どちらか一方がスリット入りのように見えてアシンメトリーなイメージがこなれ感を演出。ボトムスもハイウエストを選べば、ウエストマークする位置も選びやすいと思います。

ロングアウターとワイドパンツの合わせ方

photo:vogue.com

ガウチョパンツやワイドパンツにロング丈のカーディガンやガウンジャケットを合わせるのも流行りですよね。どうしても下半身のほうに重たさが寄ってしまうので、靴はヒールを合わせるほうが背が高くスラッとして見えるはず。でもスニーカーを合わせてカジュアルにまとめるのもいいですね。

個性的な色使いを着こなし

photo:http://becauseimaddicted.net

海外ではkimonoと呼ばれて人気のアウター。色が美しく、柄も和風をイメージさせるものがけっこうたくさんあります。すこし大きめサイズな感じでゆるっと羽織ると抜け感のある着こなしに。エメラルドグリーンのアウターと黒の色合いが似合うし、デニムで一度カジュアルダウンさせているのがまたオシャレ。

photo:fannyekstrand.metromode.se

赤やピンクなどのガウンワンピースやロングジャケットに、スニーカーを合わせるスタイルも本当に人気ですね。さらっと風になびくような素材感と、スポーティーな靴との相性が凄く素敵。合わせるバッグは何がいいか迷いますが、ワンショルダーバッグなど肩掛けもいいし、最近はリュックをあわせた大人系女子も増えてますね。

photo:polienne.com

ブラウンなどの深みのある色は秋っぽいイメージですが、透け感のあるタイプなら春夏でも着まわしできますよね。ガウンワンピースもさらっとした見た目でいいし、インナーに全身黒のオールブラックコーデにしてもけっこう重くならずオシャレ。髪型はお団子にして首周りは涼しげにしておくと季節感があっていいですね。