Jimmy kimmelでフレンズ共演者再結成!【動画訳付き】

アメリカはもちろん日本を含めた世界中で大人気となったあの伝説ドラマ「フレンズ」。ニューヨークのアパートでシェア生活をする男女6人の恋愛模様やライフスタイルをコミカルに描いたシットコムで、90年代に爆発的な人気を得ていました。

登場キャラクターは女性陣がジェニファー・アニストン演じるレイチェル、コートニー・コックスのモニカ、リサ・クドローのフィービー、そして男性陣はデヴィッド・シュワイマー演じるロスに、マシュー・ペリーのチャンドラー、そしてマット・ルブランクのジョーイ。

日本でもこのドラマは大ヒットしたので、今でも繰り返しDVDを見てる!なんて人もいるかも。

フレンズ〈シーズン1-10〉コンプリート


男女6人が楽しそうに共同生活をしていく姿を見て、アメリカの若者たちのオシャレでコミカルな生活に漠然とした憧れをいだいていた日本人も多いはず。

しかしこのフレンズ。あまりにも人気がですぎたためか、出演者の人気度も比例するように爆上げとなっていき、最終的にそれぞれのギャラが高額になりすぎてしまった。。。!なんて噂もあるほど。そのせいでシリーズも終了となったのでは?なんていわれることもしばしば。

スポンサーリンク

フレンズの女子たちがジミー・キンメルライブで再結成

惜しまれつつもシリーズが終了してから早数年。ファンからはもう一度6人が揃ったところがみたい!だとかまたシリーズをスタートさせて欲しい!なんて要望もある中、その夢はなかなかかなわず。

そんなファンの願いが届いたのか、アメリカABCの超人気番組「Jimmy Kimmel Live」でフレンズの女子たちのプチ再結成がかなったのです。

今回のショートコントは、フレンズのファンである司会者のジミー・キンメルがフレンズの二次創作を書いてみた。という設定で、その話しをゲストに来ているジェニファー・アニストンと演じてみたいという流れになっています。

ジミー・キンメルに台本を渡されたジェニファーは戸惑いながらもしぶしぶ演技に付き合う・・・ということになり、そのサプライズでコートニー・コックスとリサ・クドローが登場。これには会場も大興奮。

ジミー・キンメルが書いたという話の内容はたいして面白くないのですが、3人がこうして揃っているのを見るのはファンとしては嬉しいところ!動画はYoutube公式サイトリンクからどうぞ

フレンズ再結成!動画訳

※ジミー・キンメルはロスを演じています

動画1分ほどから~

舞台を見てジェニファー「なにこれ!」ジミー「まさにあのキッチンの完璧なレプリカだよ。僕はこれに8百万はかけたんだ」これにはジェニファーも驚いています。ジミーは細かなところまで再現してあるだろっと自慢げ。

椅子に座った二人は台本を読みながらコントを始めます。

2分20秒から~

ジェニファー「ロス、なんだか今日は悲しそうね、どうかしたの?」
ジミー「レイチェル、僕達1ヶ月も寝てないんだよ、今から寝るってのはどう?」
ジェニファー「・・・・」ジミー「君の番だけど」
ジェニファー「わかってる!私の番だけど、でもバカみたいな台詞なのよ!」

気を取り直して
ジェニファー「そうねロス、とてもあなたと寝たいと思うわ」
ジミー「それは素晴らしい!それで僕達が寝た後、フレンズのみんなに会うのさ、モニカとフィービーにね。それでまるで普通の人たちみたいに一緒に朝食をとるんだ」

笑い声ボタンを押すジミー

ジミーがレイチェルに再び台本を読むよう促す。
ジェニファー「そうね皆に会いましょう。でもそれは私達が何回か寝た後でね。だってあなたってすごくうまいんだもの」

笑いボタンを押すジェニファー

ジミー「君は正しいよ!僕はエッチがうまいからね」

すると突然登場するのがモニカことコートニー・コックス。会場は拍手喝采の大興奮。

ジェニファー「コートニーをここに引っ張ってきたの!?」
ジミー「この人はコートニーじゃない、モニカだよ。やぁ!モニカ!」
コートニー「こんにちはロス!セントラルパークにいる誰もがあなたがどんなにエッチが上手いかって話してるわよ」
ジミー「みんなが?わぁそれは嬉しいなありがとう」
コートニー「時々思うのよね、あなたと寝る事ができたらなぁ・・・て」
ジミー「モニカ、それはできないよ。だって君は僕の妹だからね」
コートニー「まぁ残念」

ジミー笑いボタンを押す

するとそこにフィービーことリサ・クドローが登場!
会場は再び大興奮。フレンズの3人が揃ったことでみんな嬉しそうです。

リサ「ちょっと!私のいないところでロスがどんなにエッチがうまいのかって話ししてたの!?」

リサ笑いボタンを押す

ジェニファー「こんなのばかげてるわ」ジミー、ジェニファーを指指して「ちっともバカげてないし、それにこの笑いボタンは僕だけが押せるんだからね」

気を取り直して
ジミー「やぁフレンズのみんな、モニカ、レイチェル、フィービー。会えて嬉しいよ」
リサ「私も会えて嬉しいわ。でもこれを言わせて。HOW YOU DOIN?」「これってジョーイのキメ台詞だけどどうして私が読んでるのかしら?」

ジミー「どうしてってこの台本は僕が書いたからさ」
3人「ジョーイはどうしたの?チャンドラーやロスは?」

ジミー「あぁ彼らは死んだよ」そこからぐだぐたどコントが続き、フレンズの主題歌を台詞に混ぜ込み、僕らはフレンズだよね!とジミーがしみじみ語ります。

コント自体は内容的にもさほど楽しくないよね?(笑)なんて海外の人からの声もちらほらコメントで書き込まれていたりしますが、あのキッチンのセットで3人の姿が見られるだけでもファンにとっては嬉しいプレゼントかも?

またいつか、今度は6人揃った姿を見せて欲しいものです。